Click here for menu

展開を続ける

帽子を被った女性

ビームスの歴史は原宿の6坪ぐらいの小さなお店からはじまっています。そして日本のセレクトショップの先駆けとも言える存在です。きっかけはアメリカの生活に憧れたというオーナーの考えからはじまりました。当時は有名なブランドは買うことは可能でしたが海外のいろいろなブランドを購入するというのはあまり一般的なことではありませんでした。アメリカで流行っているものでもすぐには入って来ない中で、スニーカーなどを仕入れて流行らせたり最先端のトレンドを的確につかんで成長してきているブランドです。それは購入した際に入れる袋にまで徹底的にこだわって唯一無二のブランドに育ててきました。そしてそれから後のいろいろなセレクトショップなどに多大な影響を与えています。

ビームスはセレクトショップとして確固たる地位を確立していますが、ファッションの世界は時代に合わせた変化をしていかないとすぐに置いてきぼりになってしまう世界でもあります。ビームスも女性や男性などのライフスタイルに合わせた様々な提案を考えています。現在は物と情報が溢れていてどんなものでもある程度手に入れられるようになっています。だから逆に消費者はたくさんのものの中から何を選んでいいか悩んでしまっている状態ともいえます。 ですからビームスではセレクトショップの強みを生かして消費者に多くのものの中から的確に提案できるような店を目指すのがいい方法です。海外進出なども積極的に行って、ネームバリューを高めていくのではないかと考えられます。